業界情報

「株式会社SH東雲堂」が特別清算開始決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

法人名 :株式会社SH東雲堂

所在地 :広島県広島市西区横川町1-10-15

代表者名:世良茂雄

業種  :書籍販売ほか

資本金 :4950万円

種別  :特別清算開始決定

負債総額:約193億円

 

 

株式会社SH東雲堂は、2022年5月27日、広島地裁より特別清算開始決定を受けました。負債総額は約193億円となっています。

 

同社は1913年創業、1951年に法人化した書籍小売業者です。新刊・中古書籍販売を中心に、CDやDVDレンタルショップ、ネットカフェ、レンタカー、ゲームセンター等幅広い事業を手掛けていました。全盛期には広島県や岡山県をはじめ全国に60店舗以上の書店を展開し、地域最大手の書店チェーンとして有名でした。2010年4月期の売上高は約400億円にも上ります。(※公表ベース)

 

しかし2019年6月、一部店舗において「物流システムのトラブルを理由に全店的に入荷が不安定になっている」という旨の案内を掲示し、信用不安が表面化。その後のバンクミーティングで長年にわたり粉飾決算をしてきたことが明らかになり、決算書再作成や不採算店舗の閉鎖等と引き換えに金融機関から支援を取り付けました。

 

このような中で、2020年1月に事業再生ADRを申請。新会社の株式会社フタバ図書に主要事業を承継しました。2021年8月1日に関連6社を吸収合併し、2022年1月11日に株主総会の決議により解散。4月11日に広島地裁へ特別清算を申請し今回の措置となりました。事業は新会社で継続しています。

 

 

取引先の倒産から身を守るためには

 

取引先の倒産による未入金の発生は、経営者にとって死活問題です。

だからといって、取引先を選ぶ余裕のある企業は少ないのではないでしょうか。

「売上を上げたい」、でも「取引先の倒産は怖い」、「信用できる会社とだけ取引したい」。

そんなジレンマを解決するのが売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」です。

URIHOは、取引代金の未入金時に代わりにお支払いする売掛保証サービスで、未入金リスクの解消だけでなく、売上拡大や与信管理業務効率化も後押しします。

さらに、URIHOはWeb完結にすることで営業コストを下げて、今までにない低価格でサービスを提供しています。会員登録~保証の申し込みなど、すべての手続きがWebで完結するのでスピーディに保証を利用することが可能です。

この機会に試してみてはいかがでしょうか。

 

※本記事は株式会社東京商工リサーチが発行する「TSR情報」掲載の「倒産速報」を参照し、記事を作成しております。

資料ダウンロード

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連タグ

関連記事

取引先の倒産・未入金にはもう悩まない、取引代金保証サービスURIHO。月額9800円~