業界情報

「株式会社SEHIRO」が破産開始決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

法人名 :株式会社SEHIRO

所在地 :大阪府門真市下馬伏町2-28

代表者名:有元浩世史

業種  :一般貨物自動車運送業

資本金 :1400万円

種別  :破産開始決定

負債総額:約18億6600万円

 

 

株式会社SEHIROは、2022年4月25日に大阪地裁より破産開始決定を受けました。負債総額は約18億6600万円となっています。

 

同社は2003年に創業し、主力事業である一般貨物自動車運送業のほか、倉庫業務や発送代行サービス等も手掛けていました。大手企業を中心に営業基盤を築き上げ徐々に業容を拡大し、2021年1月期には約9億5000万円の売上高を計上していました。

しかし、業容拡大に伴って人員増加への経費や設備投資が膨らみ、金融機関からの借入で資金繰りを維持していました。そんな中、新型コロナウイルス感染拡大により受注が減少。返済期限のリスケジュールや人員削減、減車等で合理化を図りましたが、さらに原油価格高騰による燃料費負担増が追い打ちとなり今回の措置となりました。

 

最近の原油価格の高騰は、運送業界に大きな打撃を与えています。もともと運送業界は人手不足による経営難に苦しむ中小企業が多くありました。ドライバー1人当たりの負担を増やすことで人手不足を補ってきましたが、2024年から働き方改革関連法によって運送業における時間外労働時間の上限が設定されることになりました。このいわゆる「2024年問題」への対応が急がれる中で、原油価格の高騰が発生しました。ただちに倒産に陥ることはなくとも、長期の人材不足と資金繰りのひっ迫によって、今後限界を迎える運送会社が増えていく可能性があります。

 

 

取引先の倒産から身を守るには

 

取引先の倒産による未入金の発生は、経営者にとって死活問題です。

だからといって、取引先を選ぶ余裕のある企業は少ないのではないでしょうか。

「売上を上げたい」、でも「取引先の倒産は怖い」、「信用できる会社とだけ取引したい」。

そんなジレンマを解決するのが売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」です。

URIHOは、取引代金の未入金時に代わりにお支払いする売掛保証サービスで、未入金リスクの解消だけでなく、売上拡大や与信管理業務効率化も後押しします。

さらに、URIHOはWeb完結にすることで営業コストを下げて、今までにない低価格でサービスを提供しています。会員登録~保証の申し込みなど、すべての手続きがWebで完結するのでスピーディに保証を利用することが可能です。

この機会に試してみてはいかがでしょうか。

 

※本記事は株式会社東京商工リサーチが発行する「TSR情報」掲載の「倒産速報」を参照し、記事を作成しております。

資料ダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連タグ

関連記事

取引先の倒産・未入金にはもう悩まない、取引代金保証サービスURIHO。月額9800円~