業界情報

「株式会社杉三製作所」が再度の資金ショート

このエントリーをはてなブックマークに追加

法人名 :株式会社杉三製作所

所在地 :神奈川県小田原市成田943

代表者名:杉崎浩

業種  :事務所用・店舗用装備品製造

資本金 :3000万円

種別  :再度の資金ショート

負債総額:約6億5000万円

 

 

株式会社杉三製作所は、再度の資金ショートを起こし2022年4月8日に行き詰まりを表面化しました。負債総額は約6億5000万円となっています。

 

同社は店舗用装備品や陳列ケース等の製造を手掛け、オーダーメイド什器の受注も取り扱うなどで専門メーカーや工務店に販路を築いていました。2006年12月期には約4億5500万円を計上していましたが、市場の低迷や競争の激化の影響を受け2009年12月期以降は債務超過が続いていました。

2020年12月期は約4800万円の赤字を計上したうえ借入負担も重く、厳しい資金繰りの中支えきれず今回の措置となりました。

 

企業が陥る資金ショートとは、借入金・仕入代金にあてる手元の資金が不足している状況を指します。資金ショートの原因といえば、支出増に対する売上増が見込めないなどの収支バランスの崩れが考えられますが、そのほかにも様々な要因により資金ショートは発生します。資金ショートのひとつの原因として、取引先の入金が遅いことが挙げられます。企業間で取り決めた支払いサイトが長いと手元に売上金が入ってくる時期も遅くなります。入金の遅れると、会計上では黒字であっても手持ち資金が不足する可能性があり、資金ショートにつながります。

 

 

取引先の倒産から身を守るためには

 

取引先の倒産による未入金の発生は、経営者にとって死活問題です。

だからといって、取引先を選ぶ余裕のある企業は少ないのではないでしょうか。

「売上を上げたい」、でも「取引先の倒産は怖い」、「信用できる会社とだけ取引したい」。

そんなジレンマを解決するのが売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」です。

URIHOは、取引代金の未入金時に代わりにお支払いする売掛保証サービスで、未入金リスクの解消だけでなく、売上拡大や与信管理業務効率化も後押しします。

さらに、URIHOはWeb完結にすることで営業コストを下げて、今までにない低価格でサービスを提供しています。会員登録~保証の申し込みなど、すべての手続きがWebで完結するのでスピーディに保証を利用することが可能です。

この機会に試してみてはいかがでしょうか。

 

※本記事は株式会社東京商工リサーチが発行する「TSR情報」掲載の「倒産速報」を参照し、記事を作成しております。

資料ダウンロード

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連タグ

関連記事

取引先の倒産・未入金にはもう悩まない、取引代金保証サービスURIHO。月額9800円~