業界情報

「アンドモワ株式会社」が破産申請へ 飲食業のコロナ関連破綻として最大規模

このエントリーをはてなブックマークに追加

自己破産申請の準備

アンドモワ株式会社(東京都港区)

業種: 居酒屋経営

 

 

今年に入ってから実質的に事業を停止していた個室居酒屋経営の「アンドモワ株式会社」が、近日中の債権者への受任通知発送・年内の自己破産申請を目指していることが関係者から明らかになりました。

債権者は1000人以上にものぼり、負債総額は約100億円となる見通しです。

 

「アンドモワ株式会社」は、2005年創業の飲食店経営業者で、東京、大阪などの都市圏を中心に約320店舗を展開していました。

店舗の種類は多岐に及び、「柚柚~yuyu~」「酒と和みと肉と野菜」をはじめとする個室居酒屋のほか、ちゃんこ鍋やバー、ファミリーレストランに至るまで、多くの業態の店舗を取り揃えていました。積極的な新規出店やネット上のプロモーションを重視した戦略が功を奏し、2019年8月期の売上高は約181億円を記録しています。

 

一方で、積極的な新規出店の弊害として赤字となる店舗もありました。そんな不採算店舗の撤退による損失に追い打ちをかける形で発生したのが、新型コロナウイルスの感染拡大です。メインターゲットであった法人の宴会は激減し、営業自粛を余儀なくされ多くの店舗が休業へと追いやられました。

さらに、退店交渉の中でビルオーナーとの間で複数の賃料請求訴訟に発展。SNS上で賃金未払い問題も露呈するなど、資金難が表面化していました。2021年10月に緊急事態宣言等は解除されましたが、営業再開のめどは立たず、今回の措置となりました。

 

新型コロナウイルスが終息に向かい、これからいつも通りへと戻っていこうとしている飲食業界ですが、これまでの打撃によって再スタートができず倒産、というケースは今後も発生することが予想されます。

 

 

取引先の倒産から身を守るためには

 

取引先の倒産による未入金の発生は、経営者にとって死活問題です。

だからといって、取引先を選ぶ余裕のある企業は少ないのではないでしょうか。

「売上を上げたい」、でも「取引先の倒産は怖い」、「信用できる会社とだけ取引したい」。

そんなジレンマを解決するのが売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」です。

URIHOは、取引代金の未入金時に代わりにお支払いする売掛保証サービスで、未入金リスクの解消だけでなく、売上拡大や与信管理業務効率化も後押しします。

さらに、URIHOはWeb完結にすることで営業コストを下げて、今までにない低価格でサービスを提供しています。会員登録~保証の申し込みなど、すべての手続きがWebで完結するのでスピーディに保証を利用することが可能です。

この機会に試してみてはいかがでしょうか。

資料ダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連タグ

関連記事

取引先の倒産・未入金にはもう悩まない、取引代金保証サービスURIHO。月額9800円~