業界情報

暗号資産の交換を手掛ける「株式会社BMEX」が破産開始決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社BMEXは2021年10月6日に東京地裁より破産開始決定を受けました。

負債総額は調査中ですが、大半は株式会社ビットマスター向けの債権となっています。

 

2017年ごろから仮想通貨販売代理の株式会社ビットマスターより仮想通貨管理の委託を受けていました。

しかし2018年4月、金融庁の立ち入り検査により法令違反が発覚し、仮想通貨交換業に係る全業務の業務停止命令を受けました。そのため同社は2019年1月18日に交換業を廃止していました。

 

その後はビットマスターからビットコインの貸し付けを受けることで事業を継続していましたが、2019年8月に同社やビットマスターが入所していたビルで火災が発生。ビットマスターは業務遂行が不可能になり同年11月に東京地裁より破産開始決定を受けました。

 

また、同社も火災によるパソコンの不具合によりビットコイン引き出しのためのPINコードの判読ができなくなり、ビットマスターの破産後は清算手続を進めていました。

 

 

取引先の倒産から身を守るためには

 

取引先の倒産による未入金の発生は、経営者にとって死活問題です。

だからといって、取引先を選ぶ余裕のある企業は少ないのではないでしょうか。

「売上を上げたい」、でも「取引先の倒産は怖い」、「信用できる会社とだけ取引したい」。

そんなジレンマを解決するのが売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」です。

URIHOは、取引代金の未入金時に代わりにお支払いする売掛保証サービスで、未入金リスクの解消だけでなく、売上拡大や与信管理業務効率化も後押しします。

さらに、URIHOはWeb完結にすることで営業コストを下げて、今までにない低価格でサービスを提供しています。会員登録~保証の申し込みなど、すべての手続きがWebで完結するのでスピーディに保証を利用することが可能です。

この機会に試してみてはいかがでしょうか。

資料ダウンロード

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連タグ

関連記事

取引先の倒産・未入金にはもう悩まない、取引代金保証サービスURIHO。月額9800円~