業界情報

紀州のドン・ファンが創業の「株式会社アプリコ」ほか1社が破産開始決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

破産開始決定

株式会社アプリコ(和歌山県田辺市)、株式会社アンカー(和歌山県田辺市)

業種: 貸金業・酒類販売

 

 

株式会社アプリコとその関連会社である株式会社アンカーは、2021年9月21日、和歌山地裁より破産開始決定を受けました。

負債総額は2社合計で約8億9000万円となっています。

 

株式会社アプリコは、1969年に前社長・野崎幸助氏が創業した貸金業および酒類販売業者。野崎氏はもともと地元で有名な経営者でしたが、2018年5月24日に野崎氏が急性覚せい剤中毒により急逝したことで、「紀州のドン・ファン」事件としてその名が全国的に知られるようになりました。

 

野崎氏の死後は元妻である須藤早貴氏が代表取締役に就任しましたが、2021年5月19日、和歌山地検が須藤氏を殺人と覚せい剤取締法違反の容疑で起訴。

 

野崎社長の死により事業は事実上頓挫していたこともあり、第三者から破産を申し立てられ今回の措置となりました。

 

 

取引先の倒産から身を守るためには

 

取引先の倒産による未入金の発生は、経営者にとって死活問題です。

だからといって、取引先を選ぶ余裕のある企業は少ないのではないでしょうか。

「売上を上げたい」、でも「取引先の倒産は怖い」、「信用できる会社とだけ取引したい」。

そんなジレンマを解決するのが売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」です。

URIHOは、取引代金の未入金時に代わりにお支払いする売掛保証サービスで、未入金リスクの解消だけでなく、売上拡大や与信管理業務効率化も後押しします。

さらに、URIHOはWeb完結にすることで営業コストを下げて、今までにない低価格でサービスを提供しています。会員登録~保証の申し込みなど、すべての手続きがWebで完結するのでスピーディに保証を利用することが可能です。

この機会に試してみてはいかがでしょうか。

資料ダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連タグ

関連記事

取引先の倒産・未入金にはもう悩まない、取引代金保証サービスURIHO。月額9800円~