業界情報

スポーツ用品販売の株式会社SPORTS LABORATORY、ほか2社が破産手続開始申立準備へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

破産手続申立準備

株式会社SPORTS LABORATORY(東京都立川市)、株式会社スポーツマン(愛媛県宇和島市)、株式会社ビークル(東京都立川市)

業種: スポーツ用品小売

 

 

株式会社SPORTS LABORATORYと、その関連会社である株式会社スポーツマン、株式会社ビークルは2021年7月30日より実質的に事業を停止し、破産手続開始申立準備に入りました。

 

負債総額は3社合計で約10億8,000万円となっています。

 

 

愛媛県内で有数のスポーツ小売業者である株式会社スポーツマンのインターネット通販ビジネス部門を独立させ、2008年に設立された株式会社SPORTS LABORATORYは、自社サイトや通販サイトでの販売を手掛けていました。

 

コールセンターやロジティクスセンターを整備して業容を拡大し、2017年2月期には売上高はピークを迎え、約17億円を計上しました。

 

 

しかし、その後は価格競争を余儀なくされたことなどにより売上は減少。2021年2月期の最終利益はほぼ0となり、苦戦を強いられていました。その後も資金繰りはひっ迫し、今回の措置となりました。

 

 

取引先の倒産から身を守るためには

 

取引先の倒産による未入金の発生は、経営者にとって死活問題です。

だからといって、取引先を選ぶ余裕のある企業は少ないのではないでしょうか。

 

「売上を上げたい」、でも「取引先の倒産は怖い」、「信用できる会社とだけ取引したい」。

そんなジレンマを解決するのが売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」です。

URIHOは、取引代金の未入金時に代わりにお支払いする売掛保証サービスで、未入金リスクの解消だけでなく、売上拡大や与信管理業務効率化も後押しします。

さらに、URIHOはWeb完結にすることで営業コストを下げて、今までにない低価格でサービスを提供しています。会員登録~保証の申し込みなど、すべての手続きがWebで完結するのでスピーディに保証を利用することが可能です。

この機会に試してみてはいかがでしょうか。

資料ダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連タグ

関連記事

取引先の倒産・未入金にはもう悩まない、取引代金保証サービスURIHO。月額9800円~