業界情報

日本料理・寿司店を経営の「株式会社竹若」が破産申請へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

破産申請決定

株式会社竹若(東京都中央区)

業種: 飲食店経営

 

 

株式会社竹若は2021年7月14日に東京地裁へ破産を申請することを決定しました。

負債総額は約10億円となっています。

 

1998年に設立された同社は、東京都を中心として日本料理・寿司店14店舗を展開していました。そのほかに海鮮の加工品販売を行い、2018年1月期には売上高約25億円を計上しました。

 

しかし、2019年に不採算店舗の閉店を行ったことで売上は減収。店舗閉鎖に伴う特別損失計上で当期純利益は553万円にとどまりました。

 

2020年には株式会社あさくまが同社を100%出資子会社とし資金援助を行っていましたが、外食不況、新型コロナウイルス蔓延の影響を受け2021年3月末に全店舗休業となりました。

2021年4月に行われた債権者集会では私的整理を模索しましたが賛同は得られず、今回の措置となりました。

 

 

取引先の倒産から身を守るためには

取引先の倒産による未入金の発生は、経営者にとって死活問題です。

だからといって、取引先を選ぶ余裕のある企業は少ないのではないでしょうか。

「売上を上げたい」、でも「取引先の倒産は怖い」、「信用できる会社とだけ取引したい」。

そんなジレンマを解決するのが売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」です。

URIHOは、取引代金の未入金時に代わりにお支払いする売掛保証サービスで、未入金リスクの解消だけでなく、売上拡大や与信管理業務効率化も後押しします。

URIHOスキーム

さらに、URIHOはWeb完結にすることで営業コストを下げて、今までにない低価格でサービスを提供しています。会員登録~保証の申し込みなど、すべての手続きがWebで完結するのでスピーディに保証を利用することが可能です。

この機会に試してみてはいかがでしょうか。

資料ダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連タグ

関連記事

取引先の倒産・未入金にはもう悩まない、取引代金保証サービスURIHO。月額9800円~