業界情報

梵鐘、仏具製造「株式会社老子製作所」民事再生法申請へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

民事再生法申請

株式会社老子製作所(富山県高岡市)

業種: 鋳物鋳造

 

株式会社老子製作所は2021年6月28日に、富山地裁高岡支部へ民事再生法の適用の申請を行いました。

負債総額は約10億6,000万円となっています。

 

江戸時代中期に創業し、梵鐘、仏像を中心に事業を展開。なかでも梵鐘の鋳造は国内シェア約70%を誇ります。

1991年に売上高はピークを迎え、その額は12億6,600万円にも上りました。

 

しかし、ライフスタイルの変化による需要減に加え、2008年のリーマン・ショックの打撃を受け、売上高は減少の一途をたどり近年は2億円台にまで落ち込んでいました。

 

金融機関に借入の返済条件を変更するなどして資金繰りを行っていましたが、ついに自主再建を断念し今回の措置となりました。

富山県内の企業の負債総額としては今年2番目の規模となります。

 

 

取引先の倒産から身を守るためには

 

取引先の倒産による未入金の発生は、経営者にとって死活問題です。

だからといって、取引先を選ぶ余裕のある企業は少ないのではないでしょうか。

「売上を上げたい」、でも「取引先の倒産は怖い」、「信用できる会社とだけ取引したい」。

そんなジレンマを解決するのが売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」です。

URIHOは、取引代金の未入金時に代わりにお支払いする売掛保証サービスで、未入金リスクの解消だけでなく、売上拡大や与信管理業務効率化も後押しします。

URIHOスキーム

さらに、URIHOはWeb完結にすることで営業コストを下げて、今までにない低価格でサービスを提供しています。会員登録~保証の申し込みなど、すべての手続きがWebで完結するのでスピーディに保証を利用することが可能です。

この機会に試してみてはいかがでしょうか。

資料ダウンロード

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連タグ

関連記事

取引先の倒産・未入金にはもう悩まない、取引代金保証サービスURIHO。月額9800円~