業界情報

「Lightning」など趣味系雑誌で有名なエイ出版社が倒産

このエントリーをはてなブックマークに追加

民事再生法の適用を申請

株式会社エイ出版社(東京都世田谷区玉川台)

業種:出版

※「エイ」は、正式には木へんに世という漢字です。

                    

株式会社エイ出版社は、2月9日に民事再生法の適用を申請し、同日に保全・監督命令を受けました。

負債は、債権者約700名に対して約57億8800万円です。

                  

エイ出版社は1973年に設立されました。

バイク、釣り、ゴルフなどアウトドア系の趣味をテーマとした雑誌・書籍の出版を主体とし、ライフスタイル雑誌「Lightning」やアウトドア雑誌の「ランドネ」、登山雑誌の「PEAKS」、ゴルフ雑誌「EVEN」などを扱っていました。

2020年3月期にはムック本249点、雑誌176点、書籍30点、フリーペーパー4点の合計459点を出版しています。

                      

また、出版事業の他にも、販促用パンフレットやWebサイトなどの制作請負事業や、自社の雑誌のテーマに合わせて飲食店事業、住宅建築設計事業など幅広く事業を展開していました。

2017年3月期の年売上高は102億円に達しています。

                     

しかし、このような経営の多角化による投資負担や近年の出版不況によって、近年は業績が低迷していました。

2020年3月期の年売上高は約55億円にまで減少してしまい、3期連続赤字を計上していました。

                       

発行部数を縮小したり一部雑誌の出版権や子会社の全事業を売却したりと経営改善に努めていましたが、新型コロナウイルスの影響によって広告収入が減少し、海外をテーマとした一部雑誌の発売延期など出版計画にも狂いが生じてしまいました。

これらの要因によって自力での再建を断念し、法的手続きによる再建を目指すために今回の措置となりました。

取引先の倒産から身を守るためには

取引先の倒産による未入金の発生は、経営者にとって死活問題です。

だからといって、取引先を選ぶ余裕のある企業は少ないのではないでしょうか。

「売上を上げたい」、でも「取引先の倒産は怖い」、「信用できる会社とだけ取引したい」。

そんなジレンマを解決するのが売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」です。

URIHOは、取引代金の未入金時に代わりにお支払いする売掛保証サービスです。

未入金リスクの解消だけでなく、売上拡大や与信管理業務効率化も後押しします。

URIHOスキーム

さらに、URIHOはWeb完結にすることで営業コストを下げて、今までにない低価格でサービスを提供しています。

会員登録~保証の申し込みなど、すべての手続きがWebで完結するのでスピーディに保証を利用することが可能です。

この機会に試してみてはいかがでしょうか。

資料ダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連タグ

関連記事

取引先の倒産・未入金にはもう悩まない、取引代金保証サービスURIHO。月額9800円~