業界情報

株式会社ダイヤメットが民事再生、負債額は約600億円で2020年最高額

このエントリーをはてなブックマークに追加

民事再生法の適用を申請

株式会社ダイヤメット(新潟市東区小金町)

業種:粉末冶金・焼結製品製造

                 

株式会社ダイヤメットは、12月21日に民事再生法の適用を申請しました。

関連会社の株式会社ピーエムテクノも同日に同じ措置を受けています。

負債は、ダイヤメットが約577億9000万円で、ピーエムテクノが約26億700万円です。

2社合わせて約603億9700万円となります。

また、ダイヤメットの負債額は新潟県内過去最高額で、全国においても2020年最高額です。

                

ダイヤメットは、2005年に三菱マテリアルグループの焼結部品事業を分社化するために設立されました。

ワイパーなどのモーター軸受やエンジン部品などの自動車用部品を主力として、輸送機械用部品や農業機械用部品などの製造を行っていました。2008年2月期の年売上高は267億円に達しています。

                   

しかし近年は、中国の景気低迷などの影響でASEAN諸国やオセアニア地域での自動車需要が低下気味になり、2020年3月期の年売上高は約200億6700万円にまで落ち込んでいました。

また、2016年と2018年には品質不適合品を出荷していたなどの問題が発生し、これによる品質保証体制の改善のために多額のコストがかかり資金繰りが悪化していました。

さらにこの状況下で多額の債務を抱えることになるなどによって自力での再建が困難となり、民事再生法のもとで再建を目指すこととなりました。

                     

関連会社のピーエムテクノはダイヤメットの100%出資子会社として設立されました。

ダイヤメットからの受注で自動車用焼結部品の研削などを手掛けていましたが、ダイヤメットに連鎖して今回の措置となりました。

取引先の倒産から身を守るためには

取引先の倒産による未入金の発生は、経営者にとって死活問題です。

だからといって、取引先を選ぶ余裕のある企業は少ないのではないでしょうか。

                      

「売上を上げたい」、でも「取引先の倒産は怖い」、「信用できる会社とだけ取引したい」。

そんなジレンマを解決するのが売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」です。

URIHOは、取引代金の未入金時に代わりにお支払いする売掛保証サービスで、未入金リスクの解消だけでなく、売上拡大や与信管理業務効率化も後押しします。

さらに、URIHOはWeb完結にすることで営業コストを下げて、今までにない低価格でサービスを提供しています。

会員登録~保証の申し込みなど、すべての手続きがWebで完結するのでスピーディに保証を利用することが可能です。

この機会に試してみてはいかがでしょうか。

資料ダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連タグ

関連記事

URIHOについて

URIHO

ネット完結型の売掛保証

取引先の倒産・未入金のリスクを解消し、売上拡大業務効率化を後押しします。

サービスについて詳しく見る
URIHOについて詳しく見る