リスク管理

【初心者向け】反社チェックとは?チェック方法や便利ツールも紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年、お笑い芸人が反社会的勢力の会合に参加していたことが明るみとなり、大きな社会問題になりました。この一件で企業でも「反社会的勢力」の排除を強化すべきという意識が強くなったことでしょう。

一般的に反社会的勢力をチェックすることを「反社チェック」と言いますが、実際にどんな方法でチェックすればいいのでしょうか。今回は反社チェックの具体的な方法と便利ツールも併せてご紹介します。

  

反社チェックとは

「反社チェック」とは、企業が取引をする前にその取引先が反社会的勢力との関係性がないかをチェックすることをいいます。

ではそもそも反社会的勢力とはどのように定義できるのでしょうか。法務省が2007年に出した「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」では、「暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人」と記されています。

反社会的勢力というと暴力団をイメージする方が多いと思いますが、暴力団はその一部に過ぎません。暴力団関係企業や総会屋、社会運動標ぼうゴロなどが含まれ、暴力的な要求行為や法的な責任を超えた不当な要求行為をしてくる集団ととらえることができます。

反社チェックが必要な理由

企業が反社チェックをする理由としては、大きく3つが挙げられます。それぞれについて詳しく説明します。

・政府の指針
・企業のコンプライアンス
・新規上場の審査基準

政府の指針

2007年に「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」が政府から発表されました。あくまで指針なので法的な拘束力はありませんが、暴力団が資金獲得活動を巧妙化させていることからも企業は反社会的勢力との関係遮断のための取り組みを推進する必要があること、さらに企業防衛の観点からもそれらの取り組みは必要不可欠な要請であるとしています。

その対応として、企業は内部統制システムの法令順守・リスク管理事項として「反社会的勢力との関係遮断」を明記するとともに、社内規則の中にも含むことが求められています。

企業のコンプライアンス

近年、企業におけるコンプライアンスの姿勢はますます重視されています。コンプライアンスは法令遵守と訳されることが多いですが、単に法を守るということだけではなく、企業は社会的責任を果たすためのルールを定め、社会が求める行動を行う必要があります。

「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」にも記載がありますが、反社会的勢力に対して屈することなく法律に則して対応することや、反社会的勢力に対して資金提供を行わないことは、コンプライアンスそのものであるとも言えるのです。

また言わずもがな、反社会的勢力と関係を持ってしまうと企業存続の危機に陥ります。それを事前に防ぐというのは反社チェックの大きな目的の一つです。

新規上場の審査基準

上場審査では、企業の信用力も審査しています。反社チェックの体制を整備し、運用していることが求められます。具体的な対応として、反社会的勢力との関係排除に対する基本的な考え方をトップ自らが明らかにして社内外に宣言することや、反社対応マニュアルの整備、契約書や取引約款に反社会的勢力排除条項を記載することなどが必要です。

ベンチャーやスタートアップでも、今後IPOを検討している企業は反社チェックの体制を早めに整えておくといいでしょう。

反社チェックの方法について

反社チェックの主な方法は下記の通りです。

・インターネットやメディアなどを調査する
・調査会社などの専門業者に依頼する
・警察・暴追センターに相談する

インターネットやメディアなどを調査する

多くの企業で一般的に行われているのがこの方法です。Google・Yahoo検索でインターネット上の情報を検索したり、日経テレコンやG-Searchといった新聞記事のデータから検索したりします。

その際、取引先企業の法人名や役員等の氏名と、「暴力団、反社、逮捕、摘発、不正」などのワードを掛け合わせて検索することで情報を拾うことができます。同姓同名の人物の情報やエビデンスがない情報なども出てくるので、慎重に調べることが重要です。

調査会社などの専門業者に依頼する

上記の調査で懸念事項が出てきた場合や、そもそも社内に専門的な知見を持つ担当がいない、反社チェックに割ける人員がいない場合は、専門の業者に依頼することが賢明です。直接企業に足を運んでもらい、その企業の実態や風評を近隣の企業などへ聞き取りを行ってくれることもありますし、非常に精度の高い情報を得ることができます。

M&Aの相手や入居予定のテナントを詳細にチェックしたい場合なども、業者を使うことをお勧めします。

警察・暴追センターに相談する

反社チェックの結果、反社会的勢力と関りが明白になった場合や危険度が高いと判断できる場合は、警察や各都道府県に設置されている「暴力追放運動推進センター(暴追センター)」に相談しましょう。

警察は「暴力団排除等のための部外への情報提供について」という通達に基づいて、対象企業の登記や本人確認資料、暴排条項が入った契約書などを提出したうえで、必要性が認められれば可能な範囲で情報を提供してもらえます。

暴追センターでも、確認したい人物の個人情報や生年月日を確認できる資料などの必要書類が揃って初めて情報開示となります。

どちらもハードルはかなり高いですが、リスクを避けるためにもまずは相談してみるといいでしょう。

反社チェックを効率化するには

反社チェックを自社でやるとなると、専門的な知識に加え、手間もかかります。効率的にチェックを行うには、外部ツールを活用するのが近道です。

反社チェック専用ツール「RISK EYES(リスクアイズ)」では、 WEBニュース記事、新聞記事といった公知情報を用いて、取引先に反社会的勢力の疑いがあるのか、犯罪に関与した疑いがあるのかなどのスクリーニングを実施してくれます。1件300円~で月間最低利用料金は15,000円となっています。

名刺管理ツールの「Sansan」には、反社チェックオプションが用意されています。名刺をスキャンするだけで、反社会的勢力との関わりを検知し、取引先を自動スクリーニングできるサービスです。料金は個別の見積もりとなるようですが、Sansan本体の月額利用料金の20%程度がかかることが想定されています。

売掛金に保証をかけて、反社チェックの手間も無くす「URIHO」

こうした反社チェックツールを活用するのも一つですが、さらに取引のリスクに備える方法として売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」も有効です。

  

URIHOスキーム


利用するにあたっては、まずURIHOが取引先の与信審査を行います。この審査の際に「反社チェック」も行い、該当する取引先は否決されます。そして審査を通過した日以降の取引が保証の対象となり、万が一支払い遅延や未払いが発生しても、URIHOが代金を100%支払ってくれるのです。

URIHOで売掛金に保証をかけておくことで、反社社会勢力との取引を避けるとともに、売掛債権のリスクを排除することができます。

URIHOでの審査を通らないということはそもそも取引をしない方が無難な相手という考え方をすることで、自社の与信管理自体を強化することが可能です。

初回の1ヵ月は無料となっていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

資料ダウンロード

まとめ

今回は反社チェックが必要な理由や具体的な方法について説明してきました。今後も企業のコンプライアンスはより一層重要になってきますので、反社会的勢力と関わりを持ってしまうことがないよう、細心の注意を払いましょう。

反社チェックは自社で行おうと思うと手間もコストもかかるので、専用の外部ツールを利用したり、URIHOのような反社チェックと売掛金保証がセットになったサービスも検討してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連タグ

関連記事

URIHOについて

URIHO

ネット完結型の売掛保証

取引先の倒産・未入金のリスクを解消し、売上拡大業務効率化を後押しします。

サービスについて詳しく見る
URIHOについて詳しく見る