業界情報

仮想通貨関連企業の24PICKSが破産

このエントリーをはてなブックマークに追加

破産開始決定を受ける

株式会社24PICKS(東京都港区西新橋)

業種:仮想通貨関連事業

                 

仮想通貨関連事業を手掛ける株式会社24PICKSが、11月9日に破産開始決定を受けていたことが分かりました。

負債総額は約45億2600万円になり、大部分が関係会社の株式会社ビットマスターに対する債務です。

                 

24PICKSは、仮想通貨のセキュリティシステムの販売代理店業務を目的として、2017年に設立されました。

その後、仮想通貨「ビットコイン」の販売代理店業を手掛ける株式会社ビットマスターと協業し、ビットマスターからの貸付を受けてマイニング(*)機器の開発会社へ投資していました。

                   

そのようななかでビットマスターが2019年11月に破産し、投資資金を回収しなければならなくなったものの上手くいかず、今回の措置となりました。

                 

*マイニングとは、仮想通貨の取引データを承認する作業のことです。1つの大きな取引台帳に各取引の内容を記録していくようなものですが、コンピュータを用いた複雑かつ膨大な計算が必要です。

また、マイニングに成功すると、その数に応じて報酬として仮想通貨を得ることができます。

マイニングは早い者勝ちで、なおかつ競争率が非常に高いため、基本的には専用の機器が必要になります。

取引先の倒産から身を守るためには

取引先の倒産による未入金の発生は、経営者にとって死活問題です。
だからといって、取引先を選ぶ余裕のある企業は少ないのではないでしょうか。

                   

「売上を上げたい」、でも「取引先の倒産は怖い」、「信用できる会社とだけ取引したい」。

そんなジレンマを解決するのが売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」です。

                 

URIHOは、取引代金の未入金時に代わりにお支払いする売掛保証サービスで、未入金リスクの解消だけでなく、売上拡大や与信管理業務効率化も後押しします。

URIHOスキーム

さらに、URIHOはWeb完結にすることで営業コストを下げて、今までにない低価格でサービスを提供しています。会員登録~保証の申し込みなど、すべての手続きがWebで完結するのでスピーディに保証を利用することが可能です。

この機会に試してみてはいかがでしょうか。

資料ダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連タグ

関連記事

URIHOについて

URIHO

ネット完結型の売掛保証

取引先の倒産・未入金のリスクを解消し、売上拡大業務効率化を後押しします。

サービスについて詳しく見る
URIHOについて詳しく見る