業界情報

株式会社Nutsが破産手続開始決定を受ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

破産手続開始決定

株式会社Nuts(東京都港区東麻布)

業種:医療関連事業など

                         

医療関連事業などを手掛ける株式会社Nutsは、9月16日に破産手続開始決定を受けました。

負債は約5億1000万円で、上場企業の倒産は5月の株式会社レナウンに続き今年2社目となります。

                  

Nutsは1977年に別の商号で設立され、首都圏を中心にゲームソフト販売フランチャイズの「トップボーイ」を100店舗以上展開していました。

1999年にジャスダックに上場し、2002年3月期の年売上高は132億円に達しています。

テレビゲーム市場の縮小にともなって、パチンコ関連事業やインターネットカフェ運営などのアミューズメント分野、そして医療施設向けのコンサルティング事業なども展開していましたが、これらの事業も伸び悩み、2019年3月期の年売上高は約1億2000万円にまで落ち込んでいました。

                      

そんななか、2020年2月に金融商品取引法違反(偽計)の疑いで証券取引等監視委員会の強制調査を受けたことで信用が低下していました。

さらに、2020年4月の監査法人による財務諸表監査によって、Nutsの現金が帳簿上では約8億円と計上されていたのに対して実際は50万円ほどしかないということが判明しました。

Nutsはその監査法人との契約を解除して別の監査法人を選任しましたが、現預金の不足によって監査報酬の一部が支払えず、監査契約は解除され、2020年3月期の有価証券報告書の提出が困難な状態に陥りました。

よって事業継続や上場維持の見通しが立たないとして、今回の措置に至りました。

取引先の倒産から身を守るためには

取引先の倒産による未入金は、経営者にとって死活問題です。だからといって、取引先を選ぶ余裕のある企業は少ないのではないでしょうか。

「売上を上げたい」、でも「取引先の倒産は怖い」、「信用できる会社とだけ取引したい」。そんなジレンマを解決するのが「売掛金保証サービスURIHO(ウリホ)」です。

URIHOは、取引代金の未入金時に代わりにお支払いする売掛保証サービスで、未入金リスクの解消だけでなく、売上拡大や与信管理業務効率化も後押しします。

URIHOスキーム

さらに、URIHOはWeb完結にすることで営業コストを下げて、今までにない低価格でサービスを提供しています。

会員登録~保証の申し込みなど、すべての手続きがWebで完結するのでスピーディに保証を利用することが可能です。

この機会に試してみてはいかがでしょうか。

資料ダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連タグ

関連記事

取引先の倒産・未入金にはもう悩まない、取引代金保証サービスURIHO。月額9800円~