リスク管理

キャッシュフロー重視の経営とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

「キャッシュフロー経営」という言葉が聞かれるようになって久しいです。

経営者は、会社の損益には注目しても、損益とキャッシュの差については軽視しがちです。

資金繰りがうまくいかなくなった時、初めてキャッシュの重要性に気づくことが多いものです。


キャッシュフローの状況で分かる会社の安全性

会社が破綻するのは現金が足りなくなる時、または融資が受けられなくなる時です。キャッシュフローの状況は、会社の安全性を如実に示します。

キャッシュの状況は、金融機関からシビアにみられています。借入金の返済の元手となるのは基本的に現金ですので、キャッシュフローは融資の可否を審査する際に重要な指標です。

そういったキャッシュフロー悪化の大きな原因の一つが、債権回収の不全になります。例えば売掛金は、利益に計上されていても、現金化されていません。

貸付金も、資産に計上されますが手元には現金がない状態となります。

金融機関は、売掛金が溜まっている会社をどのようにみるのでしょうか。「この売掛金は回収の可能性がないのではないか」と思うはずです。

場合によっては「架空の利益を計上して粉飾しているのではないか」と疑うことすらあります。

そのように判断されてしまうと、融資を受けることは極めて難しくなってしまうでしょう。

ポイントは「売掛金の管理」

売り掛けの発生と入金が、一つ一つしっかり関連づけられておらず、請求がおろそかになっている会社もあります。

請求を行わなければ、相手も「支払わなければならない」という意識が薄くなってしまうこともあります。

こういった案件が積み重なって、キャッシュフローの重荷になってしまっているのです。

ここで必要となるのが、売掛金の確実な管理です。

予定される日に売掛金の入金がなかった際、すぐ電話やメールで確認を取るという姿勢があるだけでも相手の認識は変わります。

そして、支払いが滞っている売掛金には、その期間や金額に応じて、取引の中断や打ち切り、内容証明郵便による請求、債務承認による契約のまき直し、公正証書の作成、法的な手段による回収など、フェーズに合わせて手を打っていく必要があります。

売掛金の管理が確実になされることで、キャッシュフローは改善します。

また、それによって決算書の信頼度が上がり、長期的には資金繰りに良い結果をもたらしてくれるでしょう。

売掛金に保証をかけるという選択肢

しかし、売掛金の管理をどれだけ確実に行ったとしても、事業を継続するなかで貸し倒れが起きる可能性は避けられません。

「積極的に取引を広げたい、売上を上げたい」けれど「貸し倒れのリスクは怖い」、「売掛金の督促などの業務が面倒」といった悩みを解決するのが、「売掛金保証サービスURIHO(ウリホ)」です。

URIHOは、取引先の倒産や未入金時に売上代金を代わりにお支払いするサービスです。

もしも未入金が起こってもURIHOが代金をお支払いするので、キャッシュ確保のための督促業務に時間や労力を割く必要がなくなります。

ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

【URIHOの資料ご請求はこちら】

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連タグ

関連記事

URIHOについて

URIHO

ネット完結型の売掛保証

取引先の倒産・未入金のリスクを解消し、売上拡大業務効率化を後押しします。

サービスについて詳しく見る
URIHOについて詳しく見る