リスク管理

売掛債権を守るためには

このエントリーをはてなブックマークに追加

保証金預かり、担保を設定しての保全

継続的な取引に際して取引先から、取引額の全部または一部を「現金」で保証金として預かる方法です。 保証金を預かることで、その範囲内であればリスクなく掛け取引を行うことができ、リスクを軽減することができます。 担保の種類は下記の通りです。

(1)質権:
有価証券など、有形財産を債権者に交付し、債務を受けることができます。

(2)抵当権:
一般的には不動産を目的として設定され、土地の使用や収益は債務者が継続して行えるが契約通りの支払が行われない場合は、この不動産を換価し債務の弁済に当てることができます。

(3)根抵当権:
抵当権の一種ですが、特定の債権を担保するものではなく限度額を定め、一定の範囲にある複数の債権を担保することができます。通常商取引で不動産を目的物として担保設定する場合は、この根抵当権で設定することが一般的です。

(4)譲渡担保:
債務者が提供した担保物の所有権を債権者に移転し、弁済されない場合はこの担保物から優先して弁済を受ける権利です。商取引においては、買い手の持つ売掛金に対して譲渡担保を設定し、債権譲渡登記を行うことがあります。

しかし、どの手法に関しても実際には、手続きにコストと時間がかかる割に現金化された際の効果も限定的な場合が多く、また、買い手からすると債権譲渡登記や不動産登記を売り手にされることが、信用力の低下につながることが多く、実施しづらいというのが現状のようです。

売掛金に保証をかけるという選択

みなさま売掛金に保証をかけることができるのはご存知でしょうか? 売掛金に対して保全を行うために、保証や保険が存在します。
どちらも売掛金に対して保証料・保険料を支払うことで、取引先が支払い不能に陥った場合(倒産や支払遅延等)に売掛金を代払いしてくれます。

売掛保証の種類はさまざまで、サービスによって保証内容・料金・保証金額などの条件が異なるので自社に合ったサービスを選択することが重要です。 一般的な保証会社は大手の会社が多く、メガバンクの直系の保証会社などもあり、高額の債権に対応できるのが強みです。

しかし、このようなサービスの多くが「中規模~大規模の企業向け」のサービスが多く、手数料やプラン内容が中小企業にはフィットしないケースが多々あります。

中小企業向け売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」

株式会社ラクーンフィナンシャルが運営する売掛金保証サービスのひとつ。 ネット完結にすることによって営業コストを下げ、今までにない低価格でサービスを提供しています。定額制の料金プランも分かりやすく、中小企業でも導入しやすい商品設計となっています。
また、会員登録~保証の申し込み、その他の手続きもオンラインで完結するからスピーディに保証を利用することが可能です。

https://uriho.jp

みなさまいかがでしたでしょうか。 現状、預り金などを取引先から取得するのは現実的に難しいと思います。多くの企業が保険や保証に加入して、未回収リスクに備え始めています。 売掛金が未回収になると資金繰りや事業計画に大きな影響が出ますので、事前に対策を講じることをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連タグ

関連記事

URIHOについて

URIHO

ネット完結型の売掛保証

取引先の倒産・未入金のリスクを解消し、売上拡大業務効率化を後押しします。

サービスについて詳しく見る
URIHOについて詳しく見る