カテゴリ:予備知識

売掛担保融資の動き広がる ~流動資産の価値~

このエントリーをはてなブックマークに追加
アベノミクスによる金融緩和政策で、金融機関に流し込んだ貨幣を市中に供給するためには、積極的な融資が必要になってきます。そのための方法として注目されているのが、中小企業経営者の個人による保証や不動産担保によらない融資制度、中でも従来は担保の対象として見られていなかった在庫、売掛債権などの流動資産を担保にする融資(ABL:Asset Based Lending)です。

金融機関各社に融資メニュー整備の動き

所有不動産の少ない中小企業が融資を受ける際には、経営者の自宅や敷地、そして本人の連帯保証に頼らざるを得ない状況があります。しかし、事業を継続している会社であれば必ず在庫や売掛金などの流動資産が存在しますので、これを担保にできるとなれば融資の可能性は広がるでしょう。 担保となる流動資産として最も注目されるのが売掛金です。売掛金は貸倒れの危険があるものの、売れる前の状態である在庫と比べるとキャッシュ化への信用が高くなるといえます。金融機関各社は融資メニューとして売掛債権担保融資を整備しており、また信用保証協会の保証も行われています。 経営者にとっての売掛債権リスクとして、貸倒れの他に、債権回収時期のズレによる資金不足が挙げられます。売掛債権担保融資は、直接的に現金化前の売掛金を担保に短期融資を受けるものであり、掛売りによって資金が不足するリスクを回避し、運転資金を確保するために有益であると考えられます。

売掛債権の価値に第三者からの評価が

ここで気になるのが、売掛金の額に対して、どのくらいの融資を受けられるのか、そして金利はいくらになるのかなど、担保力の評価でしょう。融資審査を通過し、良い条件で融資を受けるためには、その評価ポイントを知っておくことが必要です。 売掛金を担保として融資を受けるための、またその評価を高くするための要素としては「売掛債権に譲渡制限がないこと」「大手企業を相手とする売掛債権であること」「継続的に発生、入金されている売掛債権であること」などがあります。
また、売掛金保証会社による保証が付いている場合も、回収可能性が高まりますから、当然信用は高まるでしょう。 ABLを積極的に利用するか否かにかかわらず、従来は取引先との信用・信頼関係のみで語られていた売掛金に、第三者から見て認められる価値があるということは意識したほうが良いと思われます。自社が持つ売掛金が市場でどのように評価されるものなのか、という視点が、企業価値をアップさせるためにも重要となってきています。

null
このエントリーをはてなブックマークに追加