カテゴリ:予備知識

銀行の融資制度 優良企業の条件とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

銀行が融資をする際の格付け「優良取引先」

企業活動によってメインバンクを中心とする金融機関と良好な関係を築き、必要な融資を受けられるようにしておくことは極めて重要な課題です。 銀行は、晴れている日に傘を売りつけ、雨の日に傘を取り上げる等と言われますが、銀行としては順調な企業に貸し付けを行いたいという姿勢は当然かもしれません。 銀行の多くは、融資先を、優良取引先、正常先、注意先、破綻懸念先、実質破綻先、破綻先等と区分して格付けを行っています。正常先までは通常は融資を受けることは可能と考えられますが、注意先となると融資できない場合が認められ、破産懸念先以下となると新規融資を受けることは難しいと言えます。

銀行の融資先の評価基準

銀行が融資先企業を評価する場合には、事業自体についての安定性、成長性、今後の収益見込み、財務内容(自己資本比率、財務の健全性)等を検討することになります。具体的に近年の売上や収益の状況、今後の収益見込みについて評価されます。黒字経営が安定的に続いている、大幅な黒字がある、自己資本比率が高い、財務状況が健全である、今後の収益増加傾向も見込まれるといった点があれば、かなり評価ポイントは高くなります。
次に、不動産の抵当権・預金担保や保証人などの担保取得状況についても重視されるポイントであると言えるでしょう。高い価値の不動産の抵当が入っている、保証人が相当の個人資産を有している等信用リスクをカバーできる担保が入っている場合、銀行は積極的に取り組みやすいと言えます。最近は不動産抵当権や預金担保のみならず、ABL(商品等の動産・売掛金担保)という担保取得方法もありますので、資産がないと思われる会社でも融資を受けられる見込みがあります。また、その他、預金と貸金の金額のバランス、銀行への収益の貢献度等についても、評価ポイントになると考えられます。
これらの経営や業績、保全状況と同等に重視されるのが、経営者の経営能力、資質や会社を取り巻く経営環境といった点です。この点では、経営者の業界歴や、会社自体の業歴も重視されると考えられ、これらの業歴が長い場合には安定した企業と捉えられやすいと言えます。

融資を受けにくい場合

優良取引先の基準は概ね上記のとおりですが、裏を返せば、上記の基準を満たさない場合(赤字が3期以上続いている、自己資本比率が低い、担保提供となる資産が不十分、業歴が浅い等)には融資を受けにくい傾向にあると言えるため、注意が必要かもしれません。

弁護士 中村健三 http://shoutorihiki.com/wp-content/uploads/2015/08/column05_img02.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加