カテゴリ:予備知識

売掛金とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

売掛金管理を行う上でまずは知っておきたい基本的な知識「売掛金」って?
信用供与・与信についてここでは解り易く解説いたします。

売掛と信用供与

企業同士で取引を行う場合の支払い方法は、「前払い」と「後払い」があります。
「後払い」とは商品を受け取ってから料金を支払うことで、商取引における「後払い」は、売掛や手形といった方法で行われます。
わかりやすく例えると「クレジットカード払い」や、「ツケ」といったものと同様です。
クレジットカード払いの場合、クレジット会社から信用供与されて買い物が可能になります。
では信用供与を「ツケ」に例えてわかりやすく解説してみましょう。 「ツケ」の場合、店側とお客様との個人間でのやり取りですが、こちらも売り手(店側)が買い手(お客様)を信用して商品(飲み物や食べ物)を先に提供する行為で、相手が返済(支払い)する意思と能力があると信じて行う行為、これを信用供与と言います。
商取引においての売掛や手形といった方法は、売り手である企業が買い手企業に信用供与して「後払い」での取引が可能になるのです。
このようにして企業間で「後払い」での取引されるお金のことを「売掛金」と言います。

売掛に大切な与信とは?

信用供与して、売掛で取引を行う場合、売手企業は「信用リスク」を取る必要があります。
信用供与することによって売り手側の企業が、支払いの未回収が発生するかも知れないリスクを負うことになります。
これが「信用リスク」です。
売り手側はこの「信用リスク」を回避するために「与信管理」を行う必要があるのです。 ではそもそも「与信」とはいったいどういったものなのでしょうか?
クレジットカードに例えると、クレジットカードにあるショッピング枠やキャッシング額など限度額として設定されています。これは利用者の返済能力などから(支払い可能であると)信用できる枠を与えているという状況です。
商取引においては、いくらまで、掛で仕入れることができるかについて、売り手が買い手に設定する枠のことを「与信」や「与信枠」と言います。

与信をもとに与信管理を行おう

この「与信」や「与信枠」を取引先ごとに設定し、売上、入金管理することで与信枠を管理し、外部環境や取引先の経営状況に応じて見直しを行っていくことを「与信管理」と言います。
取引先の危うさの状態に応じて取引の可否や、売掛での取引限度を決めるなどをし、取引先が倒産した場合の具体的な損失額や、債権残高のコントロールなどを行うことを「与信管理」と言います。
倒産の可能性の少ない会社や、債権残高の少ない会社などは安全な会社、
倒産の可能性の大きな会社や、債権残高の多い会社などは危険な会社という風に区別し、 与信限度額の調整を行うことを言います。
詳しくは「与信管理の一般的手法」で説明いたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加